2018年11月のCX-5のマイナーチェンジの変更点や価格を発表します!
スポンサーリンク

2018年11月に、現行のKF型CX-5が
マイナーチェンジをしました。
その大まかな内容と、
追加グレードや、価格について
お話していきますね。

スポンサーリンク

マイナーチェンジの変更点や
価格を解説!

【CX-5マイナーチェンジの内容】


まず全体の改良として、
Gベクタリングコントロールが
全グレードに標準装備になりました。
これはアクセル制御に加え、
ブレーキ制御も追加することで
車体の安定性を保つ装備になります。
さらに
アドバンスト・スマート・シティ・
ブレーキ・サポートにも
改良が加えられ、

夜間歩行者検知機能が
追加になりました。
これは国が定める
サポカー基準(安全運転サポート車)の
サポカーSワイドの規定に
適合させるための改良になります。
そして、その情報から、
俯瞰する視点で車庫入れ等の
リスクを軽減する360°モニターを
特別グレードのエクスクルーシブモードに
標準装備し、全グレードに
オプション設定されました。
CX-5は多くのグレードが

17インチアルミホイールを採用していますが、
アルミホイールのカラーを
ダークシルバーから
グレーメタリックに変更し、
外観の精悍さを、
より際立たせました。
内装はエアコンと
各種スイッチのデザインを変更して、
使いやすくしました。また、
純正ナビのマツダコネクトも
装備強化して、スマートフォンとの
連携を強化しました。
この辺りが前グレード共通の
マイナーチェンジになります。

スポンサーリンク

マイナーチェンジの変更点

追加グレードその1

2.5リッターターボ車の出現!

今回のマイナーチェンジの目玉の一つに、
2.5リッターターボ車の追加が挙げられます。
CX-5は販売台数の7割がディーゼルで、
ガソリン車の陰が薄いです。2.2リッターの
クリーンディーゼルエンジンの走りと比べると、
2リッター自然吸気エンジンはもちろん、
2.5リッター自然吸気エンジンモデルでも
動力性能は見劣りします。
そこでガソリン車に
2.5リッターターボモデルを追加しました。
そのエンジンの最高出力は230馬力、
最大トルクは42.8キロを発生します。
最高出力は
2.2リッターディーゼルターボエンジンを
大きく凌ぎ、最大トルクも
ディーゼルターボエンジンレベルになりました。
その走りはまさに強烈です。
4WDモデルで車輌重量1680キロの車体を、
軽々と加速させます。
2.5リッターのターボエンジンとなると
ガソリンはハイオク仕様になりそうですが、
レギュラーガソリンでOKです。
CX-5の場合、
全グレードでFFの2WDと4WDが選べます。
2WDのほうが車輌本体価格は安いですが、
個々までの馬力とトルクになると、
2WDでは正直不安が出ます。
2.5リッターターボ4WDモデルの
車輌本体価格は、
・25T Lパッケージ
3,553,200円
・25Tエクスクルーシブモード
3,877,200円
となります。

スポンサーリンク

マイナーチェンジの変更点

追加グレードその2

2.2リッターディーゼルターボに
6速MTが追加!


さらにもうひとつの目玉で、
好評のディーゼルターボエンジンモデルに
新たに6速マニュアルミッション車が
加わりました。CX-5のディーゼルは
最高出力190馬力、
最大トルク45.9キロを発生します。
190馬力の最大出力も素晴らしいですが、
45.9キロの最大トルクはもっと素晴らしいです。
ガソリンエンジンに換算すると、
4500cc自然吸気エンジンレベルです。
4500ccエンジンを搭載した国産車となると、
現在は相当な高級車しか存在しません。
そのような強大なトルクを持つエンジンを、
車輌重量1680キロの車体に載せました。
これで走らないはずがありません。
怒涛のようにとても爽快に走ります。
これに組み合わされるミッションは
6速ATのみでした。そこに今回の
マイナーチェンジで、
3ペダルの6速マニュアルミッションが追加。
3ペダルのマニュアルミッション(MT)は
2ペダルのオートマ(AT)と比べると
燃費面で有利でした。ですが、
昨今の技術開発で、ATでもMTと、
遜色ない燃費を実現しています。
そうなると3ペダルMTは車好きの方が
運転を楽しむための趣味志向性の強い
モデルになります。3ペダルMT採用車は
スポーツカーに多いのですが、
最近はそのスポーツカー自体が
減っています。さらにスポーツカーでも
速さ重視の車は3ペダルMTを採用しません。
日産GT-Rも2ペダルATです。
世界に名高いスポーツカーブランドの
フェラーリに至っては
2ペダルAT車しか製造していません。
同じようにスポーツカーブランドのポルシェも、
速さ重視の車は2ペダルATです。
世界最高峰レーシングカーのF1でさえも、
2ペダルの実質はATになっています。
現在において、3ペダルMTは
速く走るためのものではなく、
走りを楽しむための道具になっています。
そのような車は激減していますが、
だからこそ価値があります。
前世紀の本格SUVはディーゼルエンジン搭載の
3ペダルMT車は珍しくありませんでした。
ですが今の時代のSUVには
ディーゼルのMT車は存在しませんでした。
そんな中でSUVのCX-5に
3ペダルMTが登場しました。
ただでさえ良く走って楽しい車ですから、
そこに3ペダルMTが加わればより楽しくなります。
昔ながらの走りを楽しみたい方々には
強くオススメ出来る1台です。
ディーゼルターボエンジンモデルも
FFの2WDと4WDが選べますが、
エンジン出力と怒涛のトルクを考えると
4WDを選択するのが無難です。
2.2リッターディーゼルターボエンジン4WDの
3ペダルMT車の車輌本体価格は、
XD Lパッケージ
3,558,600円
XDエクスクルーシブモード
3,882,600円
となります。

スポンサーリンク

まとめ

2018年11月のマイナーチェンジで、
CX-5の車としての魅力はさらに上がりました。
追加グレードの2.5リッターターボと
ディーゼルの3ペダル6速MTは面白いです。
個人的にオススメは、やはり
ディーゼルの3ペダル6速MTですね。
CX-5はSUVですが、
スポーツカー顔負けの運転の
楽しさがあると思います。
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク