CX-5のアルミホイールに塗装したいので、費用とやり方と色をチョイスしました
スポンサーリンク

今回は、
cx-5のアルミホイールに
塗装を施したいので、
その場合の費用と、
塗装の方法を調べてみました。

スポンサーリンク

アルミホイールに
塗装する場合の費用と方法

CX-5には純正ホイールで
スチールホイールと
アルミホイールがあります。
スチールホイール装着車は
ごく一部のグレードのみで、大半が、
アルミホイール仕様です。
アルミホイールは
どのボディカラーにも
マッチするようなデザインと
カラーリングになっています。
自動車メーカーの
デザインセンスは
非常に素晴らしく、純正でも
精悍な仕上がりになっています。
ですが、車にこだわりを持つ人は、
見た目の印象を変えたくなります。
そんな際に有効なのが
ホイール交換です。
様々なデザインのある
社外のアルミホイールに換えれば、
CX-5の印象は大きく変化します。
アルミホイール交換が一般的な手法ですが、
純正ホイールに手を入れるのも手段の一つです。
ごくマイナーな方法ですが、
純正ホイールの色を変えるという手段もあります。
CX-5のアルミホイールの
カラーリング変更はどうすればいいのか、
そのやり方を解説したいと思います。

スポンサーリンク

アルミホイールを塗装したい!


CX-5は大半のグレードが、
アルミホイール装備です。
通常グレードでも17インチ、
高級グレードになると19インチになります。
ここまで大きなアルミホイールになると、
ホイールの印象が変わると
車の印象もガラリと変わります。
純正アルミホイールは、
CX-5のどのボディカラーでも
マッチングするような
デザインと色になっています。
どのボディカラーにも
マッチする色はシルバーです。
よって純正アルミホイールは
シルバーがほとんどです。
ですがボディカラーが変わると、
そのカラーにマッチした
ホイールカラーも変わります。
CX-5の場合、
イメージカラーは赤です。
ホイールもボディと同じ赤にすると、
統一感が出て印象がガラッと変わります。
ボディカラー以外の場合、最近は黒が人気です。
艶ありの黒や艶消しの黒が人気です。
これも車全体が引き締まって
見えるようになります。
純正アルミホイールの色を変えるだけでも、
車の印象はガラッと変わります。
ですがここで注意点があります。
アルミホイールの塗装は、
個人レベルでは出来ません。
アルミホイールは当然アルミで出来ています。
このアルミという素材の塗装が
極めて難しいです。
最近はアルミホイール用の
塗料等も売っていますが、
実用に耐えるレベルではありません。
アルミホイールを塗装する場合は、
アルミホイール専門業者に委託しましょう。

スポンサーリンク

アルミホイールの
塗装費用はどのくらいですか?


アルミホイールを業者に塗装してもらう場合、
1本15,000円程度と聞きます。
4本だと60,000円になります。
ですがこれは17インチホイールまでの料金です。
CX-5の高級グレードになると、
19インチホイールになります。
ホイールが大きくなれば割高になります。
19インチホイールの場合、
1本20,000円ほどになると思われます。
4本で80,000円ですね。
ですがそれに加えて、
さらに費用が掛かります。
アルミホイールを塗装してもらう場合、
ホイール単品を業者に送る必要があります。
その場合、組みつけてあるタイヤを
ホイールから外す必要があります。
ホイールからタイヤを外すのは、
専門業者でないと出来ません。
カー用品店やタイヤ屋でホイールから
タイヤを外してもらう必要があります。
その費用は1本1,500円ほどになります。
4本だと6,000円です。
さらに塗装が完了したホイールが帰ってきたら、
またタイヤを組み付ける必要があります。
タイヤ組み付けとバランス取り作業が必要です。
それも1本1,500円です。
4本だと6,000円になります。
それだけでも追加で12,000円掛かります。
さらに大事なのは、ホイール塗装に出している際、
CX-5に使えるホイールが無いことになります。
ホイール塗装に出す間、
別のタイヤとホイールが必要です。
一時的にホイールのみ購入し、
タイヤを組み付けて使用するのは
コスト的に割に合わないです。
この場合、冬用のスタッドレスタイヤと
ホイールを購入するのが賢いでしょう。
CX-5の場合、17インチと19インチがあります。
17インチのスタッドレスタイヤと
ホイールのセットになると、
100,000円以上になります。
19インチのスタッドレスタイヤと
ホイールのセットになると、
最低でも150,000円コースになると思います。
17インチの場合、
60,000+12,000+100,000=172,000円
19インチの場合、
80,000+12,000+150,000=242,000円
となります。
スタッドレスタイヤと
ホイールの購入費用が入るとしても、
かなりの出費になります。
冬場にスタッドレスタイヤが
必要な地方にお住まいであれば
必要な出費ですが、
スタッドレスタイヤ不要の地域であれば
無駄な出費と言わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

アルミホイールを
塗装してもらいましょう!

ここまで準備すれば、
業者にアルミホイールを送れば塗装して貰えます。
問題は、
『どのように塗装してもらうか?』
です。
これはここのオーナーにより
イメージやリクエストがあると思いますので、
それをホイール塗装業者に
きちんと伝える必要があります。
高いお金を払ったのに、
イメージとは異なる仕上がりで
帰ってきてしまったのでは完全に無駄な出費です。
ご自分のイメージをきちんと伝えましょう。
そしてこれがもっとも重要であると言えます。
自分の中にあるイメージを相手に伝える。
簡単そうに見えて、これがもっとも難しいです。
私は趣味で模型を作ったりしていますが、
ごく稀に友人に依頼することがあります。
その際に色のイメージを伝えるのですが、
特定のパーツの色を決めるだけで
面と向かって相談しても
1時間以上掛かりました。
私がイメージする色と、
製作者の友人がイメージする色が
異なったためです。
その擦り合わせで面と向かって1時間です。
自分のイメージを他人に伝えるというのは、
それほどの時間と労力が掛かります。
ましてや高いお金を払って
自分だけのカスタムカラーを
作ってもらうとなると、
打ち合わせだけでも
莫大な時間が掛かります。
ですがこの打ち合わせは
絶対に避けて通れません。
アルミホイール塗装を依頼する業者は、
遠く離れた業者ではなく
直接行ける業者をオススメします。
その業者の担当者と一緒に
現物をチェックしながら、
イメージを伝え、
出来ることと出来ないことを確認します。
アルミホイール塗装業者の技術レベルも
ピンからキリまであります。
ご自分のイメージする仕上がりが
出来ない業者もあるかとは思います。
そうなったら出来る業者をひたすら探します。
ご自宅から行ける場所に
塗装可能な業者があればいいですが、
無い場合の仕上がりは運任せになります。
ご自分のイメージ通りに
再塗装してきれいに仕上げて貰う。
そのために必要な手間と労力は、
想像以上に大変なものです。
ですがこれを惜しんでは、
満足な仕上がりは得られません。
ここは絶対に
妥協しないようにしましょう。

スポンサーリンク

CX-5の
アルミホイール塗装まとめ

CX-5のアルミホイールを塗装するとなると、
業者に依頼するしかありません。
その場合の最大の問題は、
業者に出している間は
別のタイヤとホイールが必要なことです。
強いこだわりを持って、
純正ホイールを自分のイメージ通りの
カラーリングにしたい気持ちも理解出来ますが、
場合によってはとんでもない出費になります。
一般の方で多いのは、
純正ホイールにスタッドレスタイヤを履き、
夏タイヤは社外のアルミホイールから
選ぶ場合がほとんどです。
社外のアルミホイールは
様々なデザインや色のものが多数存在します。
その中から好みにあったものを選び、
夏タイヤ用のホイールにする。
これがもっとも現実的かと思います。
最後まで読んでいただいて、
ありがとうございました!

スポンサーリンク