新型cx-5の内装とスペックについての詳細を説明します
スポンサーリンク

新型cx-5は、
スタイリッシュなデザインで
SUVのなかでも、
1.2位を争うほどの
人気を誇る車種です。
新型cx-5の内装が
どれほど進化したのかを
紹介していきます。

スポンサーリンク

新型cx-5内装
カラーバリエーション

新型cx-5の内装は、
「ブラック」と「ホワイト」の
2種類を選択できますが、
グレードによっては
選択できない色もあります。
上級グレードのL Packageは
選択できる範囲が広く、
気にいるものが
たくさんあると思います。

スポンサーリンク

Mazda cx-5のグレードは?

Mazda cx-5のグレードは、
ガソリン車とディーゼル車に
分かれています。
まずガソリン車を見ていきます。

ガソリン車は5種類あります。

1、20s
2、20s プロアクティブ
3、25s 4wd
4、25s プロアクティブ4wd
5、25s Ⅼパッケージ

ディーゼル車は3種類あります。

1、XD
2、XD プロアクティブ
3、XD Ⅼパッケージ

上記のディーゼル車である、
XD Ⅼパッケージ以外のシートカラー
スクエアメッシュクロスになります。

スポンサーリンク

スクエアメッシュクロス


スクエアメッシュクロスとは、
シートの素材の事です。通気性に優れた、
メッシュ素材になっています。
1、20s
2、20s プロアクティブ
3、25s 4wd
4、25s プロアクティブ4wd
5、25s Ⅼパッケージ
6、XD
7、XD プロアクティブ
↑↑
上記のグレードが、
スクエアメッシュクロス仕様に
なっています。

スポンサーリンク

XD L Package

上級グレードの
「L Package」は
ブラック
ホワイト
2種類の内装色が選べます。
とくに「ホワイト」の内装色は
上品な感じがします。
新型cx-5の内装は、
どのグレードも変わらないのですが
上級グレード「L Package」の
内装装備だけがかなり
充実しているように思えます。
たとえば、シートにしても
「L Package」のほうは
シートがレザーだったり
運転席と助手席が
パワーシートだったり
フロントヒーターが
前席両方についていたりします。

フロントヒーター

「フロントヒーター」は
冬などはシートが温かくなるので
体がポカポカします。また、
シートヒーターは
直接体を温めるので
体が温まるのも早いのです。

パワーシート

しかも新型cx-5の
L Packageには
パワーシートが装備されていますが
これはスイッチ一つで座席の
調整ができるとても便利な装備です。
上級グレードのシートは
便利装備が満載です。
「L Package」には
「ステアリングヒーター」が
装備されていて冬場は
手の部分が暖かくなります。

レバー式シートリフター

レバー式シートリフターですが、
「20S」の場合はシート材質が
「スクエアメッシュクロス」です。
シートに取り付けられる装備が
「レバー式シートリフター」です。
上級グレードと比較すると
かなり質素な装備になります。

スポンサーリンク

アクティブ・ドライビング・ディスプレイ


アクティブ・ドライビング・ディスプレイも
上級グレードにのみ
装備されているようですが、
これはガラス面に
ディスプレイ画面が表示され、
通行中の道路標識などを
表示したりします。
「20S」のほうには
装備されていないません。

インパネデコレーションパネル

L Packageにしか
標準装備されていない
インパネデコレーションパネルは
内装に高級感を与えています。

レザー仕様

さらに、
内装が「ホワイト」の素材は
レザーが使われています。
・シート
・ドアアームレスト
・ニーレストパッド
以上のパーツには
レザーが使われています。
レザーはかなり高級感があり、
グレードの差がわかります。

スポンサーリンク

ホワイトの内装


ホワイトの内装は
上品なイメージがあり
高級感を感じるものと
なっています。
しかも、
ダッシュボードや
インパネはブラックなので
かなりカッコ良く見えたりもします。
ホワイトレザーは
汚れが目立ちますが
レザーなので水などは
サッとウエスで拭き取れば
水分はすぐに取れる特徴があります。
たとえば、
ジュースなどをこぼしても
シートに浸透しないので
拭き取った後は
気持ちよく座ることができます。
しかし、
レザーではないシートの場合は
水分はシートに浸透するので
衣服が濡れる可能性のほうが
高くなりますね。
レザーシートの特徴で
夏は暑いというのが
デメリットですね。

内装がホワイトなのは
L Packageしか選ぶことが
できないので特別感がある
設定というのは魅力を
感じてしまいますよね。

スポンサーリンク

純正オプション

新型cx-5の内装を
便利にするおすすめ純正オプションとは?
新型cx-5を快適に使うなら
純正オプションで補うのが
良いかもしれません。
新型cx-5に
「こんなのがあったらいいな」という
そういう純正オプションを
選んでみました。

シートバックポケット
1万296円

車内の小物を整理整頓ができる
収納ポケットです。
ティッシュ箱やタオルなどや
ジュースなどを置けるようになっています。
助手席などのヘッドレストの棒に
引っ掛けて使います。
ちょっとしたお出かけに
シートバックポケットは
便利だと感じます。

リアシートモニター
9万8582円

新型cx-5の天井の色に
合わせた色を選ぶことが可能で
必要のないときはモニターを
収納できるようになっています。
運転の邪魔にはならないような設計です。
後部座席に子供を乗せる場合は
テレビなどを見せておくのも良いですね。
また、長距離ドライブの場合にも
必須のアイテムと考えられます。
たとえば、渋滞の時に
リアシートモニターがあれば
飽きずにテレビを
見続けることができますし
何かに集中しているときは
疲れにくいですからね。
純正品なので違和感のない
装着が可能です。

ベットクッション
1枚/3万9960円

車中泊をする場合に
便利なクッションです。
シートをすべて寝かして
その上に敷くクッションですが
ラゲッジスペースにキレイに
収まるようになっています。

スポンサーリンク

新型cx-5の内装
カスタムパーツでオシャレ度UP

新型cx-5の内装を
個性満ち溢れるカスタムをしたい
という人もいるでしょう。
購入を検討する前に色々な想像を
してしまうという事は
車好きならよくある事では
ないでしょうか。ここでは、
内装に取り付けたほうが良い
オシャレ度アップのカスタムパーツを
紹介していきます。

スカッフプレート
(イルミネーション付)31536円

スカッフプレートは、
車の乗り降りの時に傷などや
汚れを防止するために
取り付けるパーツですが、
新型cx-5に取り付けられる
スカッフプレートは、
ドアの開閉に連動して
ランプが点灯するようになっています。
夜などの足元が見えにくい場合に
車の一感覚がつかみやすいように
ランプが付きます。
見た目もおしゃれでカッコ良いので
取り付けても損はないように思えます。

ドアパネルガーニッシュカバー
5,980円

新型cx-5の内装は
L Packageに比べて
20Sは質素なものです。
予算的にL Packageを
選べなかった場合は
こういうアイテムで内装を
豪華にしてみてはいかがでしょう。
ちょっとした
ドレスアップになりますが
ドアパネルにメッキ調などの
アクセントを付ければ
内装が黒なら高級感が
演出可能となります。

スポンサーリンク

【本革・レザーにするならXD L Packageのみです!】


内装のカラーバリエーションは
白色(ホワイト)と黒色(ブラック)の二種類があります。
2種類を選択できますが、
グレードに依って、
選択できない色もあります。
値段によって選択肢が増えていきます。

上級グレードの装備

L Packageでしか手に入らない装備
1、内装色ブラックにするか
2、内装色ホワイトにするか
3、シートがレザーである
4、パワーシート
5、フロントヒーター
6、ステアリングヒーター
7、アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
8、インパネデコレーションパネル
シートがレザーだったり、
運転席と助手席がパワーシートだったり
フロントヒーターが前席両方に
ついていたりするのがL Packageです。

レザー仕様
内装「ホワイト」の素材は
レザーが使われています。
・シート
・ドアアームレスト
・ニーレストパッド
以上のパーツには
レザーが使われています。

スポンサーリンク

標準とよばれるグレード

20Sの装備
スクエアメッシュクロス

純正オプション

1、シートバックポケット
2、リアシートモニター
3、ベットクッション

カスタムパーツ

1、スカッフプレート
2、ドアパネルガーニッシュカバー

いかがでしたか?
最後まで読んでいただいて
ありがとうございました!

スポンサーリンク