cx-5のタイヤの値段の相場はどれくらい?おすすめ10選を10位から紹介します!
スポンサーリンク

cx-5のタイヤを交換する場合は
値段がどれくらいか気になりますね。
色んなメーカーが販売するタイヤは
全て同じではありません。
タイヤにも、様々なタイプがあり
それぞれの形状や使い方でも
変わってきます。

目次

スポンサーリンク

cx-5におススメのタイヤ10選!

軽自動車などは、サイズも小さく
パターンは似たようなタイプが
多いですが、普通車になれば、
それぞれのシーンに
合うタイヤが出ています。
エコ運転を意識した方にピッタリな
エコタイヤ。特にハイブリッド車
に取り付けることがおススメです。
もともとセダンタイプに乗っていた方は、
安定した走りを重視されるため、
静寂性や、グリップ力などの
性能を重視したタイヤが
良いのではないでしょうか?
スポーツカータイプがお好きな方は、
スピードやグリップ力、
安定性などを重視された
どちらかと言うと、硬めのタイヤを
選ばれるユーザー様が
多いかも知れませんね。
SUVタイプは、重心が高めなので、
ふらつきを抑えたタイヤだったり、
偏摩耗を抑えたタイヤだったり、
その形に合わせた専用タイヤが
それぞれあります。

スポンサーリンク

タイヤメーカーは?

メーカーも色々ありますので、
そちらのメーカーをご紹介していきます。

ブリヂストン


知名度の高さ、性能の良さ、
タイヤ屋さんや、大手量販店、
ディーラーでも取り扱い数の
多さはかなり多いと思います。
ブリヂストンは誰もが思いつく
メーカーでしょう。日本だけでなく、
世界のシェアも高いメーカーです。
様々な用途に合わせた、タイヤがあり、
種類やグレードが豊富です。
天然ゴムで環境にも配慮し、
その技術力で空気を不要とする
タイヤを開発したり、パンクをしても
走行が可能なタイヤなどもあります。
タイヤには4つの役割があると言われます。
①車両の重量を支える
②駆動力・制動力を伝える
③路面からの衝撃をやわらげる
④方向を転換・維持する
ここに力を入れる事で
より安心、安全なドライビング
生活を約束してくれています。

ヨコハマタイヤ


ブリヂストンに次いでの知名度は
ヨコハマタイヤではないでしょうか?
ヨコハマの強みは、雨などの
ウェッティーな路面に強い
特徴を持っています。
こちらのメーカーも大手量販店や
ガソリンスタンドなどで
取扱店が多いです。
先にも出ましたが、
濡れた路面での強さが特徴で、
通常の濡れた路面でのブレーキや
コーナーリングなど滑りやすいシーンでも
ウェットグリップで
しっかりカバーされます。

東洋タイヤ


さまざまなシーンをイメージした
ドライビングシミュレーションで、
制動性シミュレーション、
様々な路面で車が止まるときの
タイヤへの影響をシミュレーションや、
スラロームシミュレーション
スラローム走行したときにかかる、
タイヤの負荷などを
シミュレーションします。
また、横風シミュレーションや、
コーナーリングシミュレーションなども
解析されたタイヤづくりをしています。

ダンロップ


歴史の古いメーカーで、
老舗メーカーです。その実績は、
空気入りタイヤの実用化をはじめ、
パターン入りタイヤを開発したり、
ハイドロプレーニング現象を
いち早く発見したり、また、
最近では路面の音を抑えるため
タイヤの内側に、特殊吸音スポンジの、
サイレントコア搭載タイヤを
開発し進化を続けています。

ファルケン


厳しい評価の欧州で、
そのウェット性能や、
高速操縦安定性能が
高い評価を得ています。特に、
ニュルブルクリン24時間レースをはじめ
Red Bull Air Race Chiba
イングランドプレミアリーグの
リバプールFC
ドイツ ブンデスリーガーの
FCインディゴルシュタット04
ラグビーオーストラリア代表など、
オフィシャルパートナーとして
サポートしています。

グッドイヤー


グッドイヤーも歴史のあるメーカーで、
ブリヂストン、ミシュランと上位を争う、
世界でシェアの高いメーカーです。
初めはトラック用のタイヤに
力を入れており、トラック用の
空気入りタイヤを初めて開発しました。
その後もトラックタイヤのパイオニア。
1952年には日本グッドイヤーが
設立されました。新車での
装着タイヤとしても使われる事が
最近は多く、様々なメーカーの
新車時に付いています。
CX-5のタイヤのサイズは
以下の通りです。

17インチホイール

・225/65R17

19インチホイール

・225/55R19
上記のサイズをもとに
タイヤをランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

第10位:トーヨータイヤ/トランパスmpZ

トランパスmpZは、タイヤ構造から
見直したタイヤです。
最新の低燃費タイヤ技術も
しっかりと注ぎ込まれています。
私は、これまで色んな種類のタイヤを履き
車を運転してきました。
もちろん、燃費なども気にして
毎回ガソリンを入れるたびに走行距離と
入れた燃料のメモは欠かさないのです。
その中で、トランパスシリーズは燃費が
そこそこ良いタイヤだったのです。
「トーヨータイヤは減りが早い!」
「3カ月でズルズルになった」
そのような声を「みんカラ」などで
よく見るのですが、大嘘ですね。
私は、このタイヤを履き
丸2年以上も使ってます。
新品から2mmほど溝が減った程度で
ネットで言われるほど極端に減りません。
ちなみに、平日は通勤「往復30km」で
土日は「30km~100km」です。
ザックリ計算して
1ヶ月840km走行しています。
それくらい走行しても
余り溝は減らないのです。
実際に、私が車に履き
使っているタイヤです。
残念ながらウェット路面では最悪です。
スピードの出しすぎも影響しますが
滑るように走るので雨の日は怖いです。

■タイヤの値段

225/65R17:約16,474円(※1本)

225/55R19:約 18,180円(※1本)

スポンサーリンク

第9位:グッドイヤー/EfficientGrip SUV HP01

このタイヤは、高い静粛性や
低燃費性能に優れています。
低燃費だけでなく快適性を重視する人にも
最適なタイヤとなっています。
CX-5でオンロードの走行が多いなら
最適なタイヤになりますよ。
CX-5の車重は重いですよね。
そうした車のために
チューニングされた素材を
採用しています。

■タイヤの値段
225/65R17:18448円~22500円(※1本)
225/55R19:約24743円(※1本)

スポンサーリンク

第8位:ヨコハマタイヤ/GEOLANDAR SUV

GEOLANDAR SUVは
CX-5などのような車種に
最も最適に開発されたタイヤです。
タイヤのロードノイズは余りありません。
GEOLANDAR SUVを履いた時の燃費は
カタログ数値に少し近くなる程度です。
雨の日の高速走行は怖いです。
なぜなら、ウェット路面を走行すると
カーブで後輪が少し滑っているように
思えるからです。
路面に張り付くタイヤではないですが
転がり抵抗はとても低いようです。
タイヤによっては重々しく発進します。
GEOLANDAR SUVは、スーっという感じで
走行をするので気持ち良いですね。

■タイヤの値段
225/65R17:16792円~19800円(※1本)
225/55R19:18842円~26500円(※1本)

スポンサーリンク

第7位:ブリジストン/DUELER H/L850


長距離を走る車は
さらに燃費の良いタイヤが良いでしょう。
DUELER H/L850は、静粛性も
燃費もかなり良いタイヤとなっています。
価格ドットコムの口コミでも
評価はかなり高いです。
タイヤが柔らかいのか
乗り心地がソフトになり
静粛性も良いと言う評価もあります。

■タイヤの値段
225/65R17:17051円~21500円(※1本)
225/55R19:23575円~28200円(※1本)

スポンサーリンク

第6位:トーヨータイヤ/NANOENERGY 3PLUS


NANOENERGY 3PLUSは
ウェット路面もそれほど
気にせずに走行ができます。
タイヤの摩耗も少ないのが特徴です。
さらに、転がり抵抗も低いので
燃費も良いタイヤと言えます。
値段的にも安いのですが
ハンドルのブレが少ないです。
しかも、乗り心地も悪くありません。

■タイヤの値段
225/65R17:10595円~(※1本)
225/55R19:15854円~(※1本)

スポンサーリンク

第5位:ブリジストン/ALENZA 001


価格ドットコムの口コミで
圧倒的に運動性能が良いと
評価はとても高いタイヤです。
普通の激安タイヤとは比較にならず
次元が異なるタイヤですね。
CX-5に装着することで
スポーティな走りを楽しめます。
路面に張り付いたような走りができ
運転がとても楽しく思えるでしょう。
ウェット路面もしっかりと
食いつくような感じなので車体が
滑っているような感じはしません。

■タイヤの値段
225/65R17:19749円~25000円(※1本)
225/55R19:24292円~(※1本)

スポンサーリンク

第4位:トーヨータイヤ/PROXES CF2 SUV


PROXES CF2 SUV
SUV用と言いながらも
ハイレベルな燃費性能を持っています。
CX-5のクリーンディーゼルなどの性能を
最大限に発揮する事を狙ったタイヤです。
4本ある溝の中央部分に
3本の高剛性リブを採用することで
高速走行でも安定した走りが可能です。
横風の影響を受けやすいSUVの問題点を
大幅に解消してくれます。
トーヨータイヤはロードノイズがひどいと
よく言われますが、PROXES CF2 SUVは
従来のタイヤとは大きく異なるものです。

■タイヤの値段
225/65R17:10395円~13460円(※1本)
225/55R19:11310円~17500円(※1本)

スポンサーリンク

第3位:グッドイヤー/EfficientGrip Performance SUV


SUVにふさわしい乗り心地と
高い静粛性を備えたタイヤです。
長距離走行をすると考えられる
SUVに、タイヤから伝わる振動を
吸収し快適な乗り心地を実現してます。
しかも、同じ車かと思えるくらい
ステアリングの反応も良くなります。
乾いた路面だけではなく雨に濡れた
道も走行するので滑らないタイヤが
欲しいところです。
そういう場合に、このタイヤは
雨でぬれた路面でも滑りにくいのです。
なので、安心して雨の日も
走行ができます。

■タイヤの値段
225/65R17:21102円~(※1本)
225/55R19:26,609円~(※1本)

スポンサーリンク

第2位:ブリジストン/NEXTRY


NEXTRYはブリジストンの先進技術で
ナノプロテックを採用しています。
NEXTRYは転がり抵抗を低減し
低燃費を実現しています。
車が走行するうえで重要な
・ウェット性能
・ドライ性能
・乗り心地
という基本性能を確保しています。
カーブでもしっかりとタイヤが
路面に張り付く感じなので
安心して曲がることができます。
海外製の激安タイヤから
NEXTRYに履き替えると
違いが分かります。
カーブでのしっかり感が全く別物で
車体が滑り始める恐怖は全く感じません。
ウェット路面も滑る感じが無いので
安心して走行できます。

■タイヤの値段
225/65R17:約22396円(※1本)

スポンサーリンク

第1位グッドイヤー/アシュアランス ウェザーレディ


アシュアランス ウェザーレディ
季節を問わずに使用可能です。
アシュアランス ウェザーレディは
CX-5みたいな車を対象にしています。
いきなり大雪が降ってきて
道路に積もり始めることもあります。
そうなると、かなり
慌ててしまいます。でも、
オールシーズンタイヤなら
いきなり雪が積もっても、そのまま
走行ができるのです。

■タイヤの値段
225/65R17:21410円~25290円(※1本)
225/55R19:38275円(※1本)

スポンサーリンク

まとめ

タイヤのメーカーでも
特徴が色々あり、全く違いますが
同じメーカー内でも、
専用タイヤや、格安タイヤなどで
随分、減り具合が変わったり、
走行時のハンドリングが
変わったりとかなり体感ができます。
ネットなどで、安い海外製のタイヤを
着けたり、専用タイヤを
気にせず、装着してしまったら
路面のノイズを拾ったり
偏摩耗をしたりと、
安く買ったと思っても、
結局は高くつく恐れがあります。
タイヤ1つとっても
燃費は変わりますし、
走行する感覚も違います。
たとえば、激安タイヤで
カーブを曲がると
車体が滑るように感じて
とても怖いです。ですが、
製法にこだわったタイヤは
値段だけではなく安全性も
高いですので、
安全や安心感も買えると思い、
タイヤを購入する時は
安すぎるタイヤは
購入しないことにしています。
皆さんのタイヤ購入の
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク