CX-5の新型と旧型を徹底比較!お買い得なグレードとスペックはありますか?
スポンサーリンク

MazdaCX-5について
旧型と新型はどのように
違うのか気になりませんか?
MazdaCX-5が欲しいけど
新型も旧型も同じなら
べつに中古の旧型でも良いのでは?
と思ってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

Mazda CX-5の新型と旧型を徹底比較!
お買い得なタイプとグレード!


MazdaCX-5の
新型と旧型の何が変わったのか
その違いを比較していきます。
あなたはこの先を読むことで、
先代CX-5と現行CX-5の
ボディサイズの違いや、室内サイズの違い
そして、販売形態の違いなどが
分かるようになっていきます。

スポンサーリンク

新型と旧型のボディサイズを比較

新型のCX-5と
旧型のCX-5を
パッと見て気付く部分といえば
ヘッドライトが
薄型になっているか?
薄型になっていないか?です。
新型CX-5のヘッドライトは
薄型化されているので、
カッコ良く感じますし、
全面が引き締まって見えると感じます。
新型と旧型のCX-5は
ボディサイズも若干ですが変更されていて
ボディサイズの違いは
以下の通りとなります。

旧型CX-5↑
全長×全幅×全高:4540×1840×1705(mm)

新型CX-5↑
全長×全幅×全高:4545×1840×1690(mm)

新型のCX-5は旧型と比較しても
全長は5mm、長くて
全高は15mm、低くなっています。
さらに、
新型のCX-5と旧型のCX-5をよく見ると
「Aピラー」が新型のほうが
リア側によっています。

Aピラーとは、運転席と助手席の
フロントガラス両端にある柱を言います。
そのため、ボンネットが旧型と比較して
少し長く見えるようですね。
また、車高に関しても
新型CX-5は旧型よりも低くなっていて
前後のトレッド部分も旧型と比較して
10mmも縮まっているのです。
ボディ全体を見ると、
旧型CX-5のフロントデザインよりも
新型のほうが立体的なデザインとなっています。
実は、旧型CX-5のボディカラーである
ソウルレッドプレミアムメタリック」は
新型になってから違う名称に変更され、
新開発されたボディカラーとなっているのです。
新型のCX-5は
ソウルレッドクリスタルメタリック」が
ソウルレッドプレミアムメタリック」に、
ボディカラー名が変更になっています。

スポンサーリンク

新型と旧型の室内サイズを比較

新型CX-5と旧型CX-5の内装を
比較していきますが
内装のサイズも若干の
変更があります。

旧型CX-5の室内↑
全長×全幅×全高
1910×1530×1280(mm)

新型CX-5の室内↑
全長×全幅×全高
1890×1540×1265(mm)

新型CX-5は、旧型よりも
全長で20mm、全幅で10m、
大きくなっています
全高は旧型と比較して、
新型のほうが低いですね。
しかし、
SUVとしてはこれくらいの広さは
十分だといえますし、乗員も
長距離ドライブをしたとしても
疲れにくいようにも思えます。

さらに、
新型CX-5の後部座席は
リクライニングが
できるようになっているため
後部座席に座っている人も
ゆったりとくつろげるように
なっています。
リラックスした姿勢で座れるという事は
疲れにくいので長距離ドライブには
ありがたい機能だと感じます。
ですが、
旧型のCX-5は後部座席に
リクライニング機能が
付いていなかったので
長距離ドライブも正直、
疲れやすかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

新型と旧型の燃費の比較

MazdaCX-5の
新型と旧型の燃費は
比較をしてみると、
ほとんど変わっていないようです。
燃費も「0.4km/L」の違いは
全く変化が無いというくらい
「お!?変わったな」という
驚きはないといえます。

新型CX-5ガソリン燃費
14.6~16.0km/L

旧型CX-5ガソリン燃費
14.6~16.4km/L

これは、
ディーゼル仕様の新旧CX-5も同じで、
変化は感じられるレベルではありません。

旧型CX-5ディーゼル燃費
18.0~18.4km/L

新型CX-5ディーゼル燃費
17.2~18.0km/L

新型と旧型のパワートレーンの比較
パワートレーンとは、エンジンで発生させた
動力を車輪に伝える装置全般の総称です。
エンジンやトランスミッションなども
パワートレーンに含まれます。
ドライブトレーンともいいます。
MazdaCX-5の新型と旧型のパワートレーンは
ほとんど変わっていません。

スポンサーリンク

CX-5のエンジンスペック

2.0リッターガソリンエンジン
馬力155ps・トルク20.0kgm

2.5リッターガソリンエンジン
馬力184ps・トルク25.0kgm

2.2リッターディーゼルターボエンジン
馬力175ps・トルク42.8kgm

MazdaCX-5は、
新旧共に加速性能に関しては
申し分ないといえます。
アクセルを踏み込むと
低速域からトルクが利いていると
ハッキリとわかるレベルでして、
グイグイと前に進んでいくのを
実感できます。さらに、
MazdaCX-5は新型と旧型のどちらも
ボディサイズに関係なく
運転しやすい車と断言できます。
ディーゼル車も一昔前までは
「遅くてガラガラうるさい」という
ネガティブな印象がありましたが
乗ってみると昔のイメージとは
まるで違いました。なぜなら、
車内ではエンジン音がほとんどなく、
ディーゼル特有のガラガラ音も、
ほとんど気になるレベルでは
なかったからです。
個人的にディーゼル車は
アクセルをふかすと、
黒煙をまき散らすという、
イメージが強く、
ディーゼル車は嫌っていたのですが、
MazdaCX-5はそういうイメージすらも
ガラガラと音を立てて崩れていくほど
ディーゼルとしてのイメージを
一変させてくれました。また、
私の知る限りで、
プジョーなどのクリーンディーゼル車は、
クリーンな排気を維持するために、
「アドブルー(尿素水)」の
補充が必要不可欠でした。
Mazdaのディーラーで、
営業マンから実際に聞いた話では
CX-5のディーゼルには、
「アドブルー(尿素水)は不要です」と
見積もりをした時に聞きました。

スポンサーリンク

新型と旧型の販売価格を比較

新型CX-5と旧型CX-5の値段には
大きな差がありますが、
旧型と比較してみると、
新型のほうが安全装備は
充実しています。たとえば、
旧型にはなかった
レーンキープ・アシスト・システム
他にも安全装備が大幅に
改善された装備もあります。
そのせいもあり、
値段は旧型よりも新型のほうが
高くなっているようです。

新型CX-5
2,570,400~3,650,400円

旧型CX-5
2,446,200~3,488,400円

MazdaCX-5の購入を検討しているなら
これまでの比較を、
参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

新型CX-5のお買い得な
オススメグレードはありますか?

2000ccクラス

個人的に、新型CX-5の
お買い得だと感じる
オススメのグレードを
紹介してみたいと思います。まず
2000ccのCX-5で
おすすめだと感じるグレードは
20S PROACTIVE
2,802,600円(税込)です。
なぜなら、このグレードには
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)が
標準装備で
取り付けられているからです。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)とは
複数に分割している
LEDランプを個別にオートで点灯したり
消灯するというヘッドライトの操作が
不要な装置の名称です。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

さらに、
夜間走行では前方を走る車や対向車などを判断し
ヘッドライトの照射範囲を自動で変化させます。
2000ccの中では価格が高いですが、
その分、装備が充実しているのは
うれしい限りです。

2500ccクラス

次に、2500ccのほうのCX-5は
25S L Package:3,018,600円(税込)が
かなりオススメなグレードだと感じます。
理由は、見積もりに出かけた時に一番に
「これはすごい便利だ!」と、
驚いた装置がこのグレードに
取り付けられていたからです。

それは
「パワーリフトゲート」と呼ばれる、
スイッチ一つでリアゲートの開閉が
できる装置です。たとえば、
スーパーで買い物をたくさんして
荷物をいっぱい持っている場合は
リアゲートを、
手で開けることができません。
しかし、
パワーリフトゲートが装備されている
25S L Packageなら、
両手がふさがっていても
スイッチ一つでリアゲートが開くのです。
かなり便利だと感じてなりません。
もし、MazdaCX-5で
どのグレードを買うのがいいのか、
迷ったら、2200ccのディーゼルを
検討してみてはいかがでしょうか?
燃費が非常に魅力的ですよ

スポンサーリンク