cx-5のスタッドレスタイヤの値段の相場はどれくらい?おすすめ10選を10位から紹介します!
スポンサーリンク

寒い時期になると
スタッドレスタイヤに
交換をしないといけません。
色んなメーカーが販売する
スタッドレスタイヤは
全て同じではありません。
CX-5に最適なスタッドレスタイヤを
ランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

冬用タイヤの値段の相場どれくらい?

スタッドレスタイヤは、積雪路や
凍結路などを走行するために
開発されたスノータイヤの一種です。
積雪路や凍結路の摩擦係数が低い路面で、
通常タイヤに比べて、駆動力や制動力を
より大きく路面に伝える工夫が
されています。スパイクタイヤとの
比較で、スタッド(スパイク)のない
タイヤであることから、
スタッドレスタイヤと呼ばれています。
スパイクタイヤの問題点を克服し、
スパイクなしでも問題なく
運用できる性能とすべく開発された。
一般的な略称はスタッドレス。

豪雪地域を中心に冬季以外に
使用する普通のタイヤ(ノーマルタイヤ)を
夏タイヤ、スタッドレスタイヤを
冬タイヤと呼ぶ。なおスタッドという
略称を用いる地方もあるが、スタッドは
鋲(びょう)の意味であり、
それのないタイヤが
スタッドレスタイヤであることから、
字義的には矛盾している。

スポンサーリンク

第10位:ダンロップ/WINTER MAXX 02

WINTER MAXX 02は、サイズ幅を
22%細くすることで氷上ブレーキ性能が
向上しています。
WINTER MAXX 02と言うタイヤには
「01」と言う前作モデルがあります。
全モデルと同様に、摩耗しにくいです。
危機の長持ち性能が
大幅にアップしています。
ゴム自体も劣化しにくくなっていますが
WINTER MAXX 02は、その辺が特に
優れているといっても良いでしょう。
スタッドレスタイヤは2年でダメになります。
経年劣化による硬化で
スタッドレスタイヤの性能が
フルに発揮できなくなるのです。
WINTER MAXX 02は、経年劣化による
性能ダウンをほとんどありません。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:12,600円~20,606円(※1本)
・225/55R19:28,170円(※1本)

スポンサーリンク

第9位:グッドイヤー/ICE NAVI 6

「ICE NAVI 6」と言うタイヤは
路面にしっかりと密着するので
ふらつきは全くありません。
氷上性能を気にするなら
ICE NAVI 6を選んでも後悔しません。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:12,000円~18,200円(※1本)
・225/55R19:18,800円~26,700円(※1本)

スポンサーリンク

第8位:トーヨータイヤ/OBSERVE GSi-5

トーヨータイヤのスタッドレスは
鬼クルミを使っているのが特徴です。
雪道でもブレーキ性能が十分確保され
運転操作に対し素直に思い通りに
減速していきます。
CX-5のような大きくて車重のある車は
雪道では滑りやすいです。
しかし、OBSERVE GSi-5は
車重のあるCX-5でも雪道で
確実に停止させてくれるのです。
CX-5で雪道を走るのが
とても楽しく思えるタイヤです。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:17,100円~18,500円(※1本)
・225/55R19:22,000円~23,080円(※1本)

スポンサーリンク

第7位:ヨコハマタイヤ/iceGUARD SUV G075

iceGUARD SUV G075は
「氷上性能」が優れるタイヤです。
時速30km/hでiceGUARDと
従来のスタッドレスタイヤで
走行してフルブレーキ。
そうした実験で得られた結果が
iceGUARD SUV G075が短い距離で
車は停止したのです。
iceGUARD SUV G075は
氷上性能が高いといえるでしょう。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:14,400円~19,500円(※1本)
・225/55R19:24,800円~28,400円(※1本)

スポンサーリンク

第6位:ミシュラン/X-ICE 3+

「X-ICE 3+」は新品から
40%の摩耗時でも効果は
維持し続ける驚異のタイヤです
路面が凍っていても安心して
ブレーキをかけることができます。
雪道でも普通に走行ができるので
「X-ICE 3+は」すごいですね。
価格ドットコムの口コミでも
かなり評価が高いタイヤです。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:13,713円~18,700(※1本)

スポンサーリンク

第5位:コンチネンタル/ContiVikingContact 6


このタイヤは、雪道でも普通に走行できて
カーブでも踏ん張り不足を感じません。
従来のスタッドレスタイヤは
カーブでも速度を出すと滑ります。
こちらのタイヤは、普通に
走行しても全く問題はありません。
積雪や凍結路でも充分なグリップがあり
滑りにくいタイヤと言えますね。
横滑りが怖くてゆっくりしか走れない人に
このタイヤは、おすすめできます。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:17,800円~26,800円(※1本)

スポンサーリンク

第4位:ピレリ/ICE ASIMMETRICO SUV


こちらのタイヤは、氷上でも
車をコントロールしやすく
アイスバーンでも滑りません。
重量が重い車だと停止させにくく
滑り始める可能性もあります。
しかし、こちらのタイヤは
そのようなことはほとんどありません。
トレッド面がしっかりと路面に設置し
張り付くように走ります。
カーブでも滑りにくく
車は常に安定して走行可能です。
スタッドレスタイヤの中では
氷上性能はそこそこ優れています。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:8,700円~11,920円(※1本)
・225/55R19:11,590円~18,000円(※1本)

スポンサーリンク

第3位:ブリジストン/BLIZZAK DM-V2


BLIZZAK DM-V2で、
ドライ路面を走行しても
ロードノイズは高くありません。
スタッドレスタイヤでも
ロードノイズがひどいタイヤがあります。
でも、BLIZZAK DM-V2は
それほど気になるレベルではないのです。
スタッドレスタイヤでも
燃費は気になるところでしょう。
残念ながら燃費性能は夏タイヤより
約5%もダウンしてしまいます。
氷の表面にできた水幕を積極的に
除去する性能もあるため
アイスバーンでの制動力も期待できます。
雪が積もっている道でも
充分なグリップ力を発揮しますよ。
なので、安心して走行ができます。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:15,456円~24,052円(※1本)
・225/55R19:26,600~39,765円(※1本)

スポンサーリンク

第2位:トーヨータイヤ/Winter TRANPATH TX


Winter TRANPATH TXは
カーブ時のふくらみを最小限に抑え
滑りにくいタイヤです。
アイス性能と操縦安定性を両立した
高次元なタイヤと言えますね。
Winter TRANPATH TXは
スタッドレスタイヤのオブザーブと
同じ素材が使われています。
ブリジストンのブリザックと同じ
タイヤ内に細かな穴を作っています。
その結果、氷上の水を給水するのです。
そして、アイスバーンでも滑らずに
走行が可能となります。
従来のスタッドレスタイヤだと
氷点下になるとゴムが硬化します。
しかし、このタイヤは氷点下でも
ゴムが柔らかい状態を保ちます。
なので、氷上でもしっかりとグリップして
安心してドライブができるのです。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:10,880円~17,900円(※1本)
・225/55R19:15,700円~25,400円(※1本)

スポンサーリンク

第1位:ブリジストン/BLIZZAK VRX

BLIZZAK VRXは
雪道でも安心できるタイヤです。
スタッドレスタイヤでも
雪道で滑り出す場合があります。
これは、雪上性能が低いため
滑り出すのです。
BLIZZAK VRXは
雪上性能が高いので滑りません。
確かに、急発進をすると滑りますが
普通に発進する分に関しては
安心できるといえます。

■スタッドレスの相場

・225/65R17:19,500円~29,862円(※1本)
・225/55R19:30,670円~34,290(※1本)

スポンサーリンク

●まとめ


冬になるとCX-5でスキーに
出かける人も多いでしょう。
そういう場合は、安心できる
スタッドレスタイヤを履くと良いですね。
スタッドレスタイヤは
・氷上性能
・雪上性能
などが優れているタイヤを
選ぶようにしましょう。
スタッドレスタイヤは
溝があっても3年経過しているなら
絶対に使わないようにしましょう。
理由は、年数が経過しタイヤは
硬化している可能性があるからです。
もちろん、硬化している
スタッドレスタイヤは本来の
性能を発揮できません。
上記のランキングを参考に
スタッドレスタイヤを選ぶと良いですね。

スポンサーリンク