CX-5とエクストレイルの口コミ評判と魅力を比較、どっちがお買い得?
スポンサーリンク

CX-5とエクストレイル(XTRAIL)は、
非常に人気の高い車種です。
今回はCX-5とエクストレイルの
口コミをもとに、その魅力と
評判を比較してみます。
購入するならどちらがいいのか?
調べましたので、
是非ご覧になって
購入の参考になさってください!

スポンサーリンク

CX-5とエクストレイルの
ディーゼル仕様車を比較!


先代CX-5はディーゼル仕様車が
人気です。そして、

先代エクストレイルにも
ディーゼル仕様車が存在します。
CX-5とエクストレイル、
どちらのディーゼルが
お買い得か検証していきます。
先代KE型CX-5と
先代T31型エクストレイルの
ディーゼル車を比較すると、
少し似ていますが、
中身は全く違う車です。

スポンサーリンク

先代KE型CX-5の評判と能力


CX-5は先代KE型が
2012年2月から発売されました。

マツダの新技術スカイアクティブを
エンジンやシャーシに投入した
新設計のSUVとして登場しました。
ガソリンとディーゼルが
ラインナップされましたが、
人気なのはディーゼル仕様でした。
2.2リッタースカイアクティブ-Dエンジンは
最大出力175馬力、
最大トルク(車のタイヤを回すための力)は
驚きの42.8キロを発生。
最大出力は
2500ccのガソリンエンジン並ですが、
最大トルクは
4000ccのガソリンエンジン並です。
その怒涛のトルクで
ガソリン車では味わえない
力強い走りが魅力の1台です。
ディーゼルは
FFの2WDと4WDがラインナップ。
FFで40キロオーバーのトルクを
全て路面に伝えるのは難しいので、
オススメは4WDです。

スポンサーリンク

先代T31型エクストレイルの評判と能力

先代T31型エクストレイルは
2007年8月から発売されました。
エクストレイルは、
2000ccガソリンエンジン車が
メインでしたが、
2008年9月に、
クリーンディーゼルのGTが
追加されました。
ルノー製M9Rエンジンは
最大出力173馬力、
最大トルク36.7キロを発生。
CX-5には及びませんが、
最大出力は
2500ccガソリンエンジン並、
最大トルクは
3500ccガソリンエンジン並でした。
しかもGTの発売当初は
6速マニュアルのみの設定。
力強い走りを楽しむSUVとして
現在でも人気です。
2010年7月のマイナーチェンジで
ディーゼルにも
6速ATモデルが追加されました。
エクストレイルのディーゼルは
4WDのみの設定です。
エクストレイルのディーゼルは
根強い人気があり、
2013年12月の
フルモデルチェンジまで、
かなり人気の1台でした。

スポンサーリンク

CX-5 VS エクストレイル!

CX-5は都市型SUVで、
市街地をスマートに乗る車です。
XD Lパッケージになると
革シートを採用した、
高級SUVになります。
それに対しエクストレイルは
本格的SUVに近い車です。
レジャーやウィンタースポーツでの
使い勝手を重視した、
遊べるSUVです。
レジャーでガンガン使いたいなら
エクストレイル。
普段の足としてカッコよく使いたいなら
CX-5になると思います。

スポンサーリンク

CX-5とエクストレイル、
中古車の相場はどのくらい?

ここで、
先代KE型CX-5
初代 CX-5 KE系(2012年~2016年)と、
先代T31型エクストレイル
エクストレイル T31系(2007~2013年)の、
中古車相場を調べます。
調べるのには、非常に重宝する、
信頼と実績のgoo-netを使います。
goo-netは中古車ディーラーも
重宝しています。
先代T31型エクストレイルのディーゼルと
先代KE型CX-5のディーゼルは
平成26年式で混在しています。

スポンサーリンク

CX-5(CX5)XD Lパッケージ
(2012年~2016年モデル)


ボディタイプ:
SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
乗車定員:5名
駆動方式:FF

FFの意味は、
”フロントエンジン・フロントドライブ”で、
前輪駆動とも呼ばれます。
言葉の通り、エンジンと駆動輪が、
両方とも車両前方にある
駆動方式のことを言います。
エンジンの出力を後輪につたえる
ドライブシャフトを設ける必要がないので、
室内空間を広くしやすく、
パーツが少ないので軽量化も可能で、
軽自動車からミニバン、セダンなど、
多くの車に採用されています。
ボディサイズ:
4540×1840×1705mm(全長×全幅×全高)
室内サイズ:
1910×1530×1280mm(室内長×室内幅×室内高)
タイヤサイズ:
(前)225/55R19 99V(後)225/55R19 99V
エンジンタイプ:
水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ (ディーゼル)
排気量:2188cc
最高出力:
175ps(129kW)/4500rpm
最大トルク:
42.8kg・m(420N・m)/2000rpm
使用燃料:軽油
JC08燃費:
18.6km/リットル
車両重量:1530kg
価格:2,980,000円
自動車税:年間45,000円

スポンサーリンク

日産エクストレイル(XTRAIL)20GT

(2007~2013年1月モデル)

ボディタイプ:
SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
乗車定員:5名
駆動方式:4WD

4WDとは、
4 Wheel Drive(四輪駆動)の略です。
4つのタイヤすべてが駆動輪となり、
ディファレンシャル(デフ)が
前後輪に駆動力を配分しています。
最近ではディファレンシャルギアを持たず、
後輪をモーターで駆動する
ハイブリッドタイプの4WD車も存在します。
4輪すべてが駆動力を持つので、
滑りやすい路面や起伏の激しい路面、
また高速走行時でも安定して
路面に力を伝えることができます。
ボディサイズ:
4635×1790×1700mm(全長×全幅×全高)
室内サイズ:
2000×1450×1265mm(室内長×室内幅×室内高)
タイヤサイズ:
(前)225/55R18(後)225/55R18
エンジンタイプ:
M9R型 2.0L 直列4気筒DOHCターボ(ディーゼル)
排気量:1995cc
最高出力:
173ps(127kW)/3750rpm
最大トルク:
36.7kg・m(360N・m)/2000rpm
10・15モード燃費:15.2km/リットル
車両重量:1660kg
価格:3,123,750円
自動車税:年間39,500円
日産エクストレイル(XTRAIL)20GT
2013年1月モデルの
新車価格は3,123,750円で、
2007年8月1日発売~
2015年3月販売終了となっています。
CX-5のXD Lパッケージ2012年2月モデルの
新車価格は2,980,000円で、
少しエクストレイルの方が高いですが、
オプションを付けていくとほぼ同額です。
では、
このふたつのグレードを
比較検証していきます。

スポンサーリンク

ふたつのグレードを比較検証

全国の在庫を調べると、
エクストレイルのディーゼルは
数が少ないです。
相場を形成するほどの台数はありませんが、
車輌本体価格200万円前後で購入できます。
CX-5のXD Lパッケージは在庫が豊富です。
こちらも車輌本体価格が
200万円前後で購入可能です。
この2台の価格差はほとんどないと思います。
ただ、同じSUVでも、
車としてのキャラクターが大きく異なります。
CX-5は都市型SUVです。
4WDならレジャーや
ウィンタースポーツの足として使えますが、
シティユースが似合う車です。
XD Lパッケージなら
革シート等の豪華装備も多いです。
車輌サイズに関しては似たようなものですが、
全長はCX-5が若干短く、
全幅はCX-5が若干広いです。
室内の広さは似たようなものですが、
ラゲッジルームの広さは
エクストレイルが勝ります。
エクストレイルはレジャーや
ウィンタースポーツの足として
ガンガン使えるSUVです。
シティユースでも
似合わない車ではないですが、
どちらかと言うと本格SUVに近いです。
現行エクストレイルになり、
都市型SUVに近いデザインになりましたが、
旧型の無骨なデザインが好みのファンも多いです。
そして先代T31型エクストレイルには
6速マニュアルミッションの設定があります。
平成26年式で
マニュアルミッション車を探すのは
難しいですが、
エクストレイルは年式を落とせば
在庫が増えます。
先代KE型CX-5は2012年2月から発売。
先代T31型エクストレイルの
ディーゼルは2008年9月から発売。
年式を落として探せるのはエクストレイルなので、
お買い得な1台が見つかりやすいと思います。
ディーゼルエンジンの動力性能は
CX-5のほうが明らかに上です。
ですがエクストレイルには
6速マニュアルミッションの設定があります。
快適に走れるのはATですが、
走っていて楽しいのはMTです。
先代T31型エクストレイルには
年式を落として探せます。
2008年式から探せます
先代KE型CX-5は2012年式からになります。
その分エクストレイルのほうが
安い1台が見つかりやすいですが、
程度のいい車を探すとなると
若干難しいです。
全く同じ条件になると、
エクストレイルのほうが人気が高く
高額の傾向にあります。
ディーゼル同士の比較であれば、
CX-5のほうが程度のいい1台が
見つかりやすいかと思います。

スポンサーリンク

【まとめ】

先代KE型CX-5と
先代T31型エクストレイルを比較すると、
ディーゼル同士であれば探しやすいのは
CX-5になると思います。
人気はエクストレイルのほうが高いので、
若干割高感があり、
程度のいい車を見つけるのも
やや難しいです。
ただこの2車ですが、
SUVというジャンルは同じでも、
似て非なる車です。
ガンガン遊びで使いたいなら
エクストレイル。
スマートに使いたいなら
CX-5。
住み分けがきちんと出来ている
車同士だと思います。
強いて言うなら、
CX-5は若干割高ですが、
程度のいい1台を
見つけやすいと思います。
ありがとうございました。

スポンサーリンク