Mazda cx-5を新車で購入!最新最強の値引き額って、おいくらですか?
スポンサーリンク

Mazda cx-5は、
マイナーチェンジが
完了しました。2018年11月22日に
改良版が出て、購入を
検討しているのでしたら、
値引き額をどれくらいにできるのか、
とても気になるところですよね。

スポンサーリンク

Mazda cx-5を新車で購入したい!


最新最強の値引き額って、
おいくらですか?
一体・どうすれば、
最高の値引き額を獲得できるのかを
紹介していくとともに、
値引き交渉の方法も、
紹介していきますね。

Mazdacx-5の価格と値引き相場


ズバリ言います。
Mazda cx-5の車両本体価格
「329万円」にたいして
値引きは平均的に見て
55万円」です。この
55万円」での値引き額の内訳は、
45万円が車両本体の値引き額で
オプションの値引きが
「10万円」という感じです。
ちなみに、値引きをするときは
下取り車があっても、
ディーラーに下取りはさせず、
「買取専門店」に売ったほうが
良いです。なぜなら、
ディーラーで下取り車を
買い取ってもらっても、それほど高く
買い取ってくれないからです。
Mazda cx-5の値引き相場の
最高値に、どのようにして
金額を近づけたらいいのか?
ライバル車の「スバル・XV」や、
トヨタの「C-HR」が、値引き交渉の
良い材料となりそうです。たとえば、
スバルのディーラーに行き
「XV」の見積もりをもらい、
マツダのディーラーで、値引き交渉をすれば、
多少はうまくいくと考えられます。
Mazda cx-5を検討しているのなら、

自然と↑↑スバルの「XV」や、

↑↑トヨタの「CHR」などが、
候補にあがってくるのでは
ないでしょうか?ただ、
新車の値段というのは
ある程度決まっているため、
値引きをしても
「車両本体価格の10%以上」が、
相場になります。さらに、
値引き交渉をするという場合も、
気を付けたいのが、
交渉をする時期とタイミングです。
値引きをする時期とタイミングが違うと
失敗をするか、思ったほどの
値引きができないという
結果になります。昔は、
ディーラーの営業マンも、必死で
ノルマ達成に熱を上げていたのです。
たとえば、古そうな車を所有している
家を訪れ、セールスをしていた時代も
あったのですが、今は、そういう時代では
ないみたいで、家にまでディーラーから
営業マンがセールスにきたことは
ありません。また、
値引き交渉も積極的にやってくれる
営業マンもいたので、昔は値引き交渉が
とてもやりやすかったようです。
最近は、新車見積もりを
ライバル車を取り扱う、
ディーラーに持って行っても
値引き交渉に応じてくれないディーラーも
徐々に増え始めました。だからこそ、
計画的に値引き交渉をしないと
商談は決裂してしまう可能性も
高くなるのです。ですが、
Mazda cx-5の値引きは
難しいのかといえば
全くそんなことはありません。理由は、
値引きがやりやすい時期に新車を買えば
値引き交渉がうまくいきやすいからです。
そもそも、値引き交渉というのは
ユーザー側は
場合によっては得をしますが
営業マンのほうは
得をしないケースが多いです。
逆に言えば、
ディーラーで販売する新車が
売れにくい時期なら
お互いメリットがあるので、交渉に
応じてくれやすくなるといえます。
その理由はこの先を読んでいただければ
解明していきます。

スポンサーリンク

値引き交渉はタイミングと時期を
見測るのが良い!

Mazdacx-5の値引き相場は、
ある一定に達すると
値引き金額が下り坂になる
傾向にあるようです。これは、
どのような車種も同じで大波小波と
値引き額は、
上がったり下がったりするのです。
なぜなら、
値引きのタイミングには
時期というものがあるからです。
たとえば、
新車が自然とバカ売れする時期は
お客さんのほうからディーラーに来てくれて
車を買っていくので、
それほど値引きをしなくても
売れるので値引き交渉は成功しにくいです。
しかし、
新車がなかなか売れないという時期は
値引き交渉にも応じやすいといえます。
なぜなら、
ディーラーにも販売する
ノルマというものがあるので、
それを達成するためには
無理な値引きをしても
車を売るしかないのです。
このように、
時期とタイミングを合わせれば
Mazda cx-5の値引き気も
成功しやすくなりますよ。

スポンサーリンク

非常識な車の値引き交渉術

まず、一般的な値引き交渉は
「ベテラン営業マンを狙え」と
そのように言われていますが、
それはスッパリ忘れてください。
なぜなら、この方法では
ベテラン営業マンでは
中々良い結果が出せないからです。
ディーラー営業マンとは、
もちろん車を売らないと
手当が出ませんし、
売れない営業マンは
生きていけないという
厳しい現実があります。
また、月単位で
ノルマ管理をしているディーラーも多く
月内で車の受注を取りたいと思う
営業マンは月末になると、必死で
お客さんを獲得しようとします。
そういう営業マンに限って
新人っぽさが表に出てしまい、
「なんだか頼りなさそうだなぁ」と、
お客さんに思われてしまい
距離を置かれてしまうのです。
逆に言えば、こういう新人っぽい
ノルマ達成に必死な営業マンを相手に
値引き交渉をすると、
うまくいきやすい傾向にあるのです。
さらに、月末というタイミングに関しては
20日~25日」までに、
ディーラーを訪れて、
商談を進めていけば、
よい結果を生みやすいといえます。
また、欲しい車の仕様などを、
先に決めていれば
スムーズに商談を
進めることができます。

スポンサーリンク