Mazdaマツダcx-5新車の目標値引き額はいくらがベスト?CX-5の値引きで損しないために
スポンサーリンク

ネットだけでなく、
書店やコンビニの車雑誌で
立ち読みだけでなく、
本を購入して、目標としていた
値引き額を調べたんですが、
ディーラーでCX-5の見積りをしてもらうと、
自分の思っていた金額と違う!

スポンサーリンク

全然届かない!想定外の状態で焦ってませんか?

ひょっとして騙されてる?!
CX-5を購入した人はみんなこの値段で妥協して
購入しているのだろうか?と、ならないように、
CX-5の新車値引き額のあなたの目標額に、
少しでも近づけるように、
あなたの焦燥感を解消するための情報を
提供していきますね。
これから購入にむけて歩みだした
あなたの背中を押せたらと思います。

新型CX-5の2018年11月の
最新値引き額について

本体のみ値引き額23万円
本体+オプション装備付の値引き額26万円

スポンサーリンク

【あなたの目標金額は?】

(本体+オプション装備付)32万円
納期はやや長めでもよい(3か月)
2018年10月に実施された改良
(マイナーチェンジ)は

あまり値引きには響いていないようです。
まだ、本体価格のみの値引き額が、
10万円程度で変化がなければ、
値引きができる余地がありとみて良いでしょう。
自分が調べた有力な情報があるのに、
値引きの金額に差があるのはなぜなの?
車の情報雑誌やネットの情報よりも
現場(業者)の情報がはやい?
新車を購入するにあたって、
まだまだ疑問があります。

車雑誌やネットの値引きの額も変動しています。
あなたが考えていたオプション装備と
業者の考えているオプション装備に
違いがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

【商談にあたって問題点など】

1、あなたの情報収集に問題があった。
チェックが甘かった。
など、
商談に多少の食い違いが生じてしまっている?

2、CX-5を購入するにあたって、
ディーラーとの相性の悪さが出てしまった?
3、訪れた時期、場所が悪かった?→
隣県越境を試してみる

4、大手ディーラーでなくてもよい?→
サブディーラー

5、タイミング
上記の問題点をクリアすれば、
あなたの目標とする値引き額に到達することが
可能かもしれません。
目標の値引き額に向けてもう一押し!
あなたの愛車を下取りしてもらいましょう。

スポンサーリンク

【中古車一括査定】

CX-5の購入の意志は揺るがない?
あなたの心は決まっていますか?
もしそうでなければ、
ライバル社との競合をお勧めします。
CX-5を買うのを、ためらったふりをして、
CX-5のライバルともいうべき、
車の存在をほのめかしてみましょう。
CX-5を買う事がすでに分かっていると、
ディーラーは値引き交渉に
なかなかのってこない傾向にあります。
つまり、
ライバル社(ライバル車)との比較をして、

どちらにするか、演技をするんです。
そのためには、
ライバル車(ライバル社)の情報も、

入念に調査しておきましょう。
あなたの情報量が、
それだけ、
値引き交渉の有力な手段となるのですから。

営業職であるディーラーは、
年配になればなるほど
交渉術には長けています。
かけ出し3年目など、

新米のディーラーに当たれば、
値引きの可能性も上がるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【CX-5のライバルたち】

CX-5のライバル車には
どのような車があるのでしょうか?

1、SUVの車で同じ価格帯
2、機能と性能、サイズとグレード
3、ディーラーがライバルとして
認識した車種、メーカー
↑↑
上記の条件に当てはまる、
CX-5のライバル車は、

↑1、日産エクストレイル↑

↑2、スバルフォレスター↑

↑3、トヨタ・ハリアー↑

↑4、トヨタ・CHR↑

↑5、ホンダ・ヴェゼル↑

↑6、スバル・XV↑

となっています。

上記で、CX-5のライバルとされている車と、
あなたが値引きしたいと思っている、
CX-5のグレードの値引き後の価格と、
限りなく近い車を選んで、
交渉の材料にしましょう。

スポンサーリンク

【あなたの値引き目標を達成するために】

あなたの値引き目標を達成するためには、
価格が近いもの、
グレードとオプション装備をある程度、

値引き交渉のために、把握しておき、
ライバル車とCX-5の比較をしていきましょう。

【Mazdacx-5のライバル車の概要】

1、クロスオーバーSUV
2、本体+安全装置で320万円以上である。
3、4WD仕様がある。
4、オプション装備で、
   ナビ、ETC、カメラ搭載(リア)がある。
↑↑
以上の条件を満たしているものが
CX-5XDプロアクティブ4WDのライバル車であり
1、新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
2、新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
3、フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
この3車が当てはまります。


すべて4WD(4輪駆動)です。
それでは比較していきましょう。

新型CX-5XDプロアクティブ4WDのライバル比較!

ランキング形式にしてみました。

スポンサーリンク

【本体価格のみの値段低額トップは?】

1位 新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
本体価格が  
3065040円
2位 新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
本体価格が  
3074400円
3位 フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
本体価格が  
3128760円
4位 新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
本体価格が  
3229200円
となります。

スポンサーリンク

【本体価格+オプション装備+税込みの値段低額トップ】


1位 新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 3404466円

2位 新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 3432760円

3位 フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 3483068円

4位 新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 3531351円

となります。
新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)の
本体価格は、
ライバル車の中で、
1番高いのですが、
ナビが他車に比べて
ダントツに安いのと、

エコカー減税、
クリーンディーゼル補助金のおかげで、
合計金額では最安値となっています。

ちなみに新型CX-5の人気カラーである

ソウルレッドの塗装は、
特殊なものでして、
75600円が 別途かかりますが、

それを加味しても安いです。
新型エクストレイル20X HYBRID(日産)は、
新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)よりも
かなり高いですが(10万円)、

値引き交渉ではほとんど差がありません。

スポンサーリンク

【燃費(l/km)・燃料・走行性能】


1位  新型エクストレイル20X HYBRID(日産)

→ 燃料レギュラーガソリンで20.0(l/km)

2位  新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 燃料ディーゼル(軽油)で17.6(l/km)

3位  新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 燃料レギュラーガソリンで15.2(l/km)

4位  フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 燃料ハイオクガソリン(プレミアム)13.2(l/km)

スポンサーリンク

【エコカー減税 取得税】


新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 100%免税
新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 20% 減税
新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 60% 減税
フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 0%対象外

スポンサーリンク

【エコカー減税 重量税】


新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 100%免税
新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 25% 減税
新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 75% 減税
フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 0%対象外

スポンサーリンク

【自動車グリーン税制】


新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 75%免税

新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 50%減税

フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 0%対象外

新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 0%対象外


新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)にのみ、
クリーンディーゼル補助金が、
  最大15000円ついてきます。

スポンサーリンク

【排気量(cc)】


新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 2188cc

フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 1998cc

新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 1997cc

新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 1986cc

【過給機】

新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ クリーンディーゼル直噴ターボ

新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ ターボ

新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ HV(ハイブリッド)

フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 直噴ターボ

【馬力(PS)】


フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)

→ 280馬力

新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 175馬力

新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ)
→ 151馬力

新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 147馬力


フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)の
280馬力はダントツですが
燃費はよくありませんし、
ガソリンも高級(ハイオク仕様)です。

【RPM(1分間あたりの回転数)】


新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ) 

→ 6100rpm

新型エクストレイル20X HYBRID(日産)
→ 6000rpm

フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 5700rpm

新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)

→ 4500rpm

【トルク(タイヤを回すための力)kg・m】


新型CX-5 XDプロアクティブ4WD(マツダ)
→ 42.8kg/m

フォレスター2.0XT EyeSight(スバル)
→ 35.7kg/m

新型エクストレイル20X HYBRID(日産)

→ 21.1kg/m

新型ハリアー ELEGANCE 4WD(トヨタ) 
→ 19.7kg/m


CX-5はクリーンディーゼル、
燃費の良さとトルクのパワーで差をつけており、
クリーンディーゼル補助の恩恵も受けられます。
いかがでしたでしょうか?
随時・更新していきますね。

スポンサーリンク